SITE NAVI
就職活動のために面接の練習は欠かせない。

面接で的外れなアピールをしないために

面接を突破するためには、企業のニーズを知らないといけません。これを知っているか知らないかで、採用される確率が大きく変わってきます。企業はどう言う人材を欲しがっているかをよく考え、自分がいかに合致するかと言うことをアピールしなくてはいけません。企業のニーズを把握していない人をよく見かけますが、そう言う人は必ずと言っていいほど、面接で的外れなアピールをしています。そう言う人たちは、採用担当者に良い印象を与えることが出来ません。よく、志望動機を聞かれているのに、その会社が扱っている商品を褒めてしまう人がいます。商品への愛を語れば、良いアピールになると考える人は本当に多いです。

しかし、それは志望動機ではありません。本来アピールするべきことは、その商品を長年使ってきた自分だからこそ、会社に対して出来ることは何かと言うことです。さらい、自分がいかに会社が求めている人材に近いか、これもアピールすべきところです。商品を褒めるだけなら社員じゃなくて、お得意さんでいてほしいと思われてしまいます。企業のニーズ、企業の視点を絶対に忘れないようにしましょう。これを忘れてしまうと、面接での受け答えがブレてしまいます。