SITE NAVI
就職活動のために面接の練習は欠かせない。

面接では必ず将来のビジョンを聞かれる

転職者は、とにかく次の勤務先を見つけることに必死です。それは当たり前のことではありますが、勤務先を見つけることを目標にして、将来のことにまで頭が回らない人も多く存在します。面接では必ず将来のビジョンを面接担当者に聞かれます。これを答えることができないと、採用される確率がグンと下がるので注意しましょう。転職活動を始めたら、3年後や5年後にどう言う仕事をしていたいか、どんな能力を身につけていたいかを考えることです。企業はせっかく採用するなら、長く会社に貢献してくれる人を欲しいと考えます。

ですから、将来のビジョンを持っていない人は、採用してもすぐに辞めるかもと思われてしまいます。将来のビジョンをしっかり考え、意欲がある人と思ってもらえるようにしましょう。また、将来のビジョンを持っていると、50代や60代になっても会社から必要とされます。近年、好景気に沸いていますが、再び不況の時代が来る可能性はゼロではありません。そんな状況になってもリストラされないためには、将来のビジョンを持って、常に成長をしようとしている人である必要があります。次の勤務先を探しながらも、将来のビジョンをきちんと考えましょう。